大阪市福島区、北区、此花区、西区、港区、浪速区、中央区、天王寺区、浪速区、淀川区、西淀川区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)福島ステーション

福島ステーション
【営業時間】9:00~18:00【定休日】土日祝日(電話受付は終日対応可能)【電話番号】0120-793-800 お問い合わせ

肺がん 在宅医療の知識 訪問医療マッサージkeirow福島ステーション

2020年02月15日

肺がん

男女とも死因のトップ。女性の罹患率が増え続けている

肺がんとは肺にできるがんのことで、近年患者さんの数が増加しています。肺は胸の大部分を占める臓器で左右に1つずつあり、酸素を血液に取り入れ、二酸化炭素を排出する役割を持つ。

肺がんとは、肺内や気管、気管支にできる悪性腫瘍の総称。進行するにつれて周りの細胞を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れに乗って全身に広がる。罹患率、死亡率は40歳代後半から増え始め、高齢になるほど高い。喫煙が最大の原因なので、喫煙歴のある40歳以上の人は注意が必要。受動喫煙によるリスクも高い。


症状

●せき 
●喀痰(血痰) 
●胸痛 
●喘鳴 
●嗄声 
●発熱 
●呼吸困難 
●疲労感


治療法

手術
放射線治療
科学療法、抗がん剤治療、分子標的治療
※末期…鎮痛剤の投与、在宅酸素療法

高齢者には注意が必要です!

高齢者では、典型的な肺がんの症状だけではなく、脳転移による頭痛、骨転移による腰痛、胸水貯留による胸痛などから肺がん(転移性肺がん)が見つかる場合もある


アセスメントのポイント

●呼吸の状態、息切れや呼吸困難はあるか

●喫煙習慣は続いていないか

●感染予防のための理解はあるか



ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

肺がんでは、肺炎などの合併症に注意が必要。規則正しい生活や栄養で免疫力をつけ、感染予防対策を徹底する



日常生活の留意点

●呼吸機能が低下するため、すぐに禁煙が必要

●食事は特に制限はない。栄養バランスの良いものを規則正しく摂る

●手術後に肺がんによる息切れや呼吸困難がある場合、専門職との連携で、呼吸器リハビリテーションを取り入れましょう

●大腿などの筋肉を鍛えることで、呼吸機能の改善を図ることができる

●手術をした場合、痰が増える。口腔ケアを徹底し、誤嚥性肺炎を予防

●感染予防のため、外出時はマスクを着用して人混みを避け、外出後の手洗い、うがいを徹底


医療連携のポイント

●定期的な通院・検査

●呼吸器リハビリテーションの評価・指示


副作用・治療の影響

手術後には痰の増加、呼吸機能の低下や痛み、免疫力低下に注意

●訪問鍼灸マッサージQ &A

●訪問マッサージについて知りたいのですが?
ご高齢の方やお身体が不自由の方に対し、お医者様の同意のもとに血行の改善や、痛みの緩和を目的としたマッサージをご自宅へ訪問して実施いたします。
身体に関節拘縮か筋麻痺のある方に対し、マッサージを中心に、関節拘縮に対する徒手矯正、運動療法などによりご利用者さまの身体機能・生活動作の向上を目指していきます。


●どのような病気の方がご利用されていますか?
脳血管障害(脳梗塞や脳出血)後遺症・変形性腰椎症・変形性質関節症・関節リウマチ・腰椎椎間板ヘルニア・認知症・脳性麻痺・頸髄損傷・脊柱管狭窄症・悪性新生物・パーキンソン病・筋ジストロフィー・ニューロパチー・糖尿病・多発性筋炎・筋萎縮性側索硬化症・バージャー病・四肢筋力低下などの病名や症状の方がご利用になっています。


●普通のマッサージとは違うのですか?
はい。
一般的な疲労を取り除くマッサージと比べると、より医療的であると言えるでしょう。
原則的に医師の同意のもとに施術を行いますので、身体機能向上のための施術を行いご利用者様の生活の質の向上を目的としています。
手技でもマッサージは主に筋緊張の緩和、血行促進が目的ですが、さらに関節可動域訓練、筋力トレーニング、機能訓練などが必要に応じて加わります。身体機能の向上によりその方の生活がどう向上されるのか広い視野を持ち、ご利用者様の施術にあたります。

●訪問時間はどのくらいですか?
1回20~30分の施術時間となります。
ご利用者さまの問題点を念頭に置き、的確な施術を行ってまいります。

●呼吸リハビリも実施してくれますか?
呼吸リハビリはご要望があれば、ストレッチや筋力トレーニングを主体として行います。

●どんな方が来てくれるのですか?
鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格者がお伺いします。KEiROW訪問リハビリマッサージのスタッフは日頃より社内研修で技術・知識を高めていますので安心して施術を受けて頂けます。
当社では、男性女性スタッフが在籍しています。

●どんな効果がありますか?
主に血液循環促進、関節可動域の拡大、筋肉の柔軟性向上、痛みの緩和、運動能力の向上、などが効果としてあげられます。また心地よさにより心身のリラクゼーション効果もございます。

●訪問地域はどの辺りまでですか?
当社では大阪市全域訪問可能です。

●年令制限はありますか?
特にありません。
利用者様のほとんどが65歳以上ですが、30代の方や、特殊な疾患により10歳の利用者様もいらっしゃいます。

●回数制限はありますか?
回数制限は特にありません。

●介護保険で要支援と認定を受けました。要支援でもサービスは受けられますか?
要支援でも状態により訪問マッサージを受けられている方もいらっしゃいます。初回お試し・問診は無料ですのでまずはご相談ください。

●家族が一緒の時でなければリハビリは出来ないですか?
ご安心ください。ご家族様と一緒でなければ、施術できないというものではありません。
お一人でお住まいの独居家庭にもお伺いして施術を行っております。  

●一度試してみたいのだけれど……。
はい。ありがとうございます。
無料の「体験鍼灸・マッサージ」をお使いください。実際にどのようなことを行うのか体験して頂ければ幸いです。尚、ご説明だけでもお伺いいたします。

●訪問リハビリマッサージに必要な書類は?
医師からの同意書が必要となります。
これは医師の診断により「歩行が困難で、往療(自宅まで施術者が伺い、マッサージを行うこと)が必要と認める。」という書類です。詳しくは担当者が最初にご訪問させていただいた際に説明させていただきます。

●老人ホームでも受けることができますか?
基本的には可能です。

●訪問の曜日・時間の指定はできますか?
はい。
ご利用様のご予定を最優先致します。
但し、移動の距離の問題や空きの無い場合はご検討して頂く場合もございますのでご了承ください。

●週何回程度受ければよいですか?
ご利用さまの身体状態などに応じて回数を決めております。機能改善・リハビリには週3回、現状維持には週2回が目安となっています。

●交通費はかかりますか?
いいえ、交通費(往診費)も保険が適用となりますので別途ご請求することはございません。

●契約はありますか?
特に契約はございませんが、初回訪問時に重要事項を書面でご説明をいたします。

●ショートステイ先でも受けることができますか?
大阪市は可能です。
ショートステイ先の施設によりますが、施設側で許可が下りればお伺いさせていただいております。

●入院中ですが、病院でも受けることができますか?
病院に入院中の方は訪問の施術を受けることはできません。



●施術内容・効果

国家資格を持ったあんまマッサージ師、はり師、きゅう師が直接高齢者施設・有料老人ホーム・ご自宅にお伺いして、各種症状を改善します。

☑️居室に伺いますので雨の日でも安心です。
国家資格保有の施術家が、あなたにとっても最も最適なプランと考えご提供します。
施術時間は最大で30分です。
その日によって少し筋力をつける運動を多くしたいとか、今日はもっと肩周りをマッサージしてほしいとか、ご希望を言っていただければきちんとご対応します。
1回の施術は平均で400円程度です、週2〜3回定期的なスケジュールでお体のメンテナンスをいたします。


●マッサージ・はり・きゅう

血液やリンパの循環促進や筋肉の緊張をほぐすことで以下の効果が期待できます。

✅新陳代謝の改善

✅寝たきりによる褥瘡(床ずれ)の予防

✅痛みやしびれの緩和

✅身体機能の維持・改善


●マッサージ・はり・きゅうの
リハビリ効果

✅関節運動療法により普段、ほとんど動かさなくなっている関節を自動的、他動的に動かすことで以下の効果が期待できます。

✅関節可動域の維持や改善

✅マッサージ効果とあわせて適度な筋肉への刺激による筋力の維持や改善

✅マッサージ効果とあわせて、日常生活動作(ADL)の維持や改善


●ご利用者様に多い傷病・症状例


脳出血
脳梗塞
リウマチ
神経痛
腰痛症
老化による筋力低下
認知症
慢性腰痛・ヘルニア
首の痛み
膝の痛み
五十肩
自律神経失調症
不眠
冷え
浮腫
寝たきり
肺炎
誤嚥性肺炎・嚥下障害
高血圧
糖尿病
がん
車椅子・杖歩行
骨折術後の後遺症
変形性膝関節症
変形性股関節症
変形性脊椎症
脊柱管狭窄症
脊髄損傷後遺症
リウマチパーキンソン病
筋萎縮性側索硬化症
シェ―グレン病関節拘縮脳血管障害後遺症



●コミュニケーション

マッサージによるスキンシップやボディタッチは、不安や孤独感のあるご利用者様に安心感や安らぎを与えることが出来ます。

また定期的に訪問するスタッフとの、会話やふれあいが利用者様の生活に変化を与え、ご利用者様の心理面でのプラス効果をもたらすことが期待できます。




●ヒーリングミュージック

癒しと聞くとクラシック音楽をイメージされるかもしれませんが、今日、世の中に生まれているヒーリングミュージックは、いろいろな分野の音楽があります。

人はリラックスした状態になると、脳の中にアルファ波という脳波が出てきます。施術中にやさしくヒーリングミュージックを流す事でリラックスして、施術を受けて頂き、心も体も同時にケアをさせて頂き、心も体もご満足いただけるお時間を提供致します。


●アロマ

寝たきりや歩行困難な患者様は、外出の機会が少なくなってしまいます。香りや音楽の癒し効果に加え、サロンに行った気分、外出して音楽を聞いている気分など、ちょっとした非日常の時間を提供することで外出した気分を味わってもらえます。

アロマ効果は、科学的に証明されつつあり欧米などでは医療現場でも使用されています。最近では日本の医療現場でも取り入れられるようになり、様々な効果が期待されています。

●あんまマッサージ指圧
あん摩は古代の中国で誕生し、日本に渡来したもので、「按摩」とも書きます。
「按」は「おさえること」、「摩」は「なでること」を意味し、東洋医学の基本理念である「虚実(きょじつ)」という概念に応じた使い分けを行い、気血の流れをよくして疾病を治癒に導く施術方法です。
マッサージはヨーロッパで生まれ、明治以降に日本に持ち込まれた施術方法です。同じように手を使って施術するけど、マッサージは皮膚に直接、主として求心性の手技を加え、血流の改善などを目的としています。
また、指圧は古法あん摩、導引、柔道の活法を合わせた、一点圧を主体とした独特の施術方法です。大正時代にアメリカの整体療術の理論と手法を取り入れて体系化され、今では英語でSHIATSUと呼ばれるほど、海外での認知度は高いものになっています。
手技療法ですから、文字どおり、一切の薬物や機械器具を使わずに、人間の手を用いて病気を改善に導く方法です。
昔からいわれている「手当て」というものです。



●はり きゅう
東洋医学の治療は2通りあります。1つは薬(生薬)を使う方法です。もう1つは、はり・きゅう、あんまマッサージ指圧など、体の外側から物理的な刺激を与えて治療する方法です。
はり・きゅうでは、ツボ(経穴)を刺激して経絡にはたらきかけ、臓腑や流れる気・血を調節し、からだのバランスを正します。
はり・きゅうの歴史は大変古く、日本における歴史は、6世紀から7世紀にかけの文武天皇の時代に初めて確立しています。古代中国から生まれた鍼灸は、朝鮮半島を経て、飛鳥時代に日本にも伝えられたといわれています。(諸説あり)
はり施術は、髪の毛ほどの非常に細い金属のはりをツボに刺して刺激を与えます。きゅうはツボの上に置いたもぐさに火をつけて、燃える熱でツボを刺激します。一般のイメージによる痛みや熱さを感じることはほとんどありません。

☑️訪問鍼灸では、ローラ針などの刺さないはりを使用することが多いです。きゅうも火傷の心配がない電子温灸を使用します。






●訪問鍼灸マッサージとは?

手術後や病気の後遺症などで寝たきり、歩行が困難な方に対して、国家資格(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師)を持った施術師が、ご自宅や高齢者施設等にお伺いして、マッサージやはり・きゅうの施術、リハビリを行います。
硬くなって動きにくくなった関節や、筋肉の委縮・麻痺が起こっている部位に対して、施術師が手技を用いて、関節の可動域の拡大や筋力増強を促し、症状の改善また身体の機能を維持することを目的としています。

麻痺やしびれ、足腰の筋力の衰えなど病院に通うことが難しい方も、外出の苦労や心配をせずに安心して受けていただける医療マッサージです。

ご相談は無料、無料施術体験も実施中です。お気軽にお電話ください。
0120-793-800



●KEiROW福島ステーションをつかう6つのメリット

① KEiROWは全国に300店舗以上展開しております。業界の有益な情報をいち早くお届けします。
② リピート率99.8%  「当社は機能訓練に力を入れております」
  マッサージで体が楽になってから機能訓練を行いますので、体に負担がかかりません。リハビリがしんどい方にもおすすめします。
③ 介護保険と併用ができます。
  リハビリ(PT/OT)との併用が一番効果がございます。リハビリの障害となる痛みをマッサージで緩和します。
④ 施術時間は他社より多い最大30分。
⑤ 納得型お試しマッサージ・・・ご納得いくまで無料で受けていただけます。(例:認知症の方など)
⑥ ご希望がございましたら、相談員が居室まで伺い、お話し相手をいたします。



【主な対象の方】

●老化による筋力低下や骨折で歩行が困難な方
●疾病(脳梗塞後遺症、パーキンソン病など)のため日常生活が困難な方
●脳血管障害による筋麻痺で歩行が困難な方
●関節拘縮 により歩行が困難な方
●寝たきり状態の方
●要介護者・身体障害者の方

その他、身体のどこかが不自由で通院が困難な方はお気軽にご相談ください。

※基本的な適応症状(筋麻痺、関節拘縮)はありますが病名には規定がありません。
※自力歩行が困難な方対象です。



<対応疾患例>
筋麻痺、関節拘縮、筋萎縮、廃用症候群、運動機能障害、四肢筋力低下、頸椎損傷、頸髄損傷、脳疾患障害後遺症、脳梗塞後遺症、バージャー病、筋ジストロフィー、ニューロパチー、純粋アキネジア、椎間板ヘルニア、ギランバレー症候群、サルコイドーシス、脊髄損傷後遺症、骨折術後の後遺症、交通事故による歩行困難(大腿骨骨折、脊椎損傷等)、リウマチ、パーキンソン病、変形性膝関節症、変形性脊椎症、脳性麻痺(成人)、変形性頚椎症、変形性脊椎症(頚部痛、背部痛、腰痛)、変形性腰椎症、変形性膝関節症、変形性関節症、多発性脳梗塞、くも膜下出血、脳挫傷、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、球脊髄性筋萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群、大脳皮質基底核変性症、運動ニューロン病、筋緊張性ジストロフィー、後縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症、多発性硬症、脊柱管狭窄症、脊髄損傷、腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、糖尿病性抹消神経障害など




●WHO(世界保健機構)で定められている鍼の適応症 - 49疾患

(1996年 草案 49疾患)
腰痛・坐骨神経痛・変形性膝関節症・頸椎炎・頸部筋筋膜炎・上腕肩甲関節周囲炎・慢性関節リウマチ・高血圧・低血圧・頭痛・片頭痛・メニエール症候群・緊張性頭痛・近視・不整脈・上顆炎・胆石・胆石仙痛・胆道回虫症・胆道ジオキネジー・急性扁桃炎・咽頭炎・喉頭炎・慢性副鼻腔炎・狭心症を伴う虚血性心疾患・白血球減少症・扁桃摘出術後疼痛・神経循環性無力症・抜糸疼痛・片麻痺術後疼痛・過敏症腸症候群・うつ病・ヘルペス後神経痛・アルコール中毒・三叉神経痛・薬物中毒・腎石疼痛・遺尿症・尿失禁・便秘・下痢・肥満・月経異常・月経困難症・女性不妊・男性不妊・インポテンス・分娩の誘発
(以上49疾患)

●●漢方薬や鍼灸はWHOが伝統医療として認定しております。
↓↓↓
https://www.sankei.com/smp/life/news/180109/lif1801090004-s1.html



●運動器系
疾患名・・・関節炎、リウマチ、頚腕症候群、五十肩、腱鞘炎、外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)、各種スポーツ障害


●神経系
疾患名・・・神経痛、神経麻痺、痙攣、脳卒中後遺症、自律神経失調症、頭痛、めまい、不眠、神経症、ノイローゼ、ヒステリー


●消化器系
疾患名・・・胃腸病、(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)、胆嚢炎、肝機能障害肝炎、胃十二指腸潰瘍、痔疾、口内炎等


●呼吸器系
疾患名・・・気管支炎、喘息、風及び予防等


●循環器系
疾患名・・・心臓神経症、動脈硬化症、高血圧低血圧、動機、息切れ等


●内分泌代謝系
疾患名・・・バセドウ氏病、糖尿病、痛風、脚気、貧血等


●泌尿器系
疾患名・・・腎炎、膀胱炎、尿道炎、性機能障害、尿閉、前立線肥大、陰委等


●婦人科系
疾患名・・・更年期障害、乳腺炎、白帯白、生理痛、月経不順、冷え性、のぼせ、つわり血の道、不妊症等


●小児科系
疾患名・・・小児神経症(夜泣き、疳の虫、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)、小児喘息、アレルギー性湿疹、耳下線炎、夜尿症、虚弱体質の改善等


●眼科系
疾患名・・・眼精疲労、仮性近視、結膜炎、疲れ目、かすみ目、ものもらい等


●耳鼻咽喉科系
疾患名・・・中耳炎、耳鳴、難聴、メニエール氏病、鼻出血、鼻炎、蓄膿症、咽喉頭炎、扁桃炎声枯れ等


●皮膚科系
疾患名・・・蕁麻疹、しもやけ、ヘルペス、おでき等


●アレルギー
疾患名・・・気管支喘息、アレルギー性鼻炎、眼炎等



●●海外でも認められている鍼灸
鍼灸を行っているのは、日本や中国、アジアの国だけではありません。
世界のさまざまな国で鍼灸が取り入れられています。
中国の鍼灸が世界に広がるきっかけになった出来事ですが、1972年(昭和47年)、アメリカのニクソン大統領が中国を訪問したときのことです。同行していたニューヨーク・タイムズの記者が虫垂炎にかかり、鍼麻酔による手術を受けました。その経緯を記者自身が報道したところ、アメリカや世界中で話題となり、注目を浴びるようになりました。





●健康保険適用となる6大疾患

①神経痛・・・坐骨神経痛、三叉神経痛など様々な部位の痛み
②関節リウマチ・・・慢性で関節が腫れて痛むもの
③腰痛症・・・慢性の腰痛、ぎっくり腰(急性の腰痛)など
④五十肩・・・肩関節周囲炎、肩の関節が痛く、腕が上がらないないものなど
⑤頸腕症候群・・・首、肩、腕、手指にかけての痛み、しびれ、だるさ、脱力感がある
⑥頸椎捻挫後遺症・・・交通事故などのむちうち損傷や首の怪我の後遺症
⑦その他・・・慢性的な症状または疼痛があり、医師が施術を認めたとき



【健康保険で鍼灸マッサージの施術が受けられます】

医師の同意書があれば「健康保険」でマッサージの治療が受けられますので、
介護保険の限度額がいっぱいになってしまっている方でも安価で安心・安全な治療が受けられます 。
マッサージの治療でかかった費用は、保険者(市区町村行政機関や保険組合等)から費用が支払われると制度で、一般の病院で受ける保険治療とは少し違いますが、健康保険法に基づいた治療ということでは同じでåす。
療養費制度は患者様が治療費を鍼灸マッサージ治療院に一旦、全額払った上で、患者様自身が保険者(市区町村行政機関や保険組合等)に医療費を請求し、現金で医療費が支払われるような仕組みです。



<訪問エリア> ご自宅や高齢者施設に国家資格を保有した「あんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師」が伺います。
大阪市全域(福島区、北区、都島区、此花区、中央区、西区、港区、大正区、天王寺区、浪速区、西淀川区、淀川区、東淀川区、東成区、生野区、旭区、城東区、鶴見区、阿倍野区、住之江区、住吉区、東住吉区、平野区、西成区)、尼崎市、吹田市、豊中市、池田市

住所 大阪市福島区福島5-17-33 バウムハウゼン202号(JR福島駅から徒歩5分)

フリーダイヤル 0120-793-800 ご相談は無料です。無料体験実施中

営業時間 9:00~20:00
http://keirow-fukushima.com2020